デザインされる人間

人間は考え、話し、つくる。
石器から人工知能まで「デザインする主体は人間」だと捉えてきたが、この本の主張は真逆である。


自らが「創り・造り・作り」続けるデザインに、
人間が逆にデザインされなおしている(=リ・デザイン)という妙な話が展開される。

例えば石斧の原型が生まれたとしよう。
武器や道具として使用するための形状はシンプルで、製作上の手間はかからないはずだ。
しかし、「もっと巧く、もっと美しく、もっと早く」という人間特有の素晴らくも悲しき習性により、
用途を超えた「何か」に化けていく。まるで美術品のように。。。
この「何か」が人間の脳や体の構造までも変化させるというのだ。
これは刀や携帯電話、洋服や自動車を想像すれば理解できる。
日本刀に正体不明のJAPAN感覚を植え付けられ、
ピンヒールを我慢して履きこなすことで、体幹や足の形が変わるのだ。
デザインされるのは人間なのだ。
Are we human? = もはや我々は人間じゃないかも?

そしてこの本は「人間はデザインによって自らを滅ぼす種である」という警鐘で終わる。

こんな大局的な問いができるこの本の作者。
それでもイイ気になってデザインしたい私。

このギャップにしみじみ「人間味」を感じ入る秋の夕暮。N.F

束 縛


自分が好きな人の行動というものは気にかかるものだ。
できれば色んなことを知っていたいと思う。
しかし詮索や嫉妬ならなんとか見過ごせるが、束縛となると一気に緊張感が出る。
漫才コンビ和牛の「束縛」というネタは、危ないと面白い、キモいとカワいい、のせめぎ合いが滑稽でスリリングだ。
自己チュウ男の彼女に対する束縛内容はどれもが幼稚だがメニューは豊富だ。
それでいて妙に工夫が凝らされている。
幼稚さはもちろん計算されたものだ。

このネタに限らず、自己中心的な人格とそれに翻弄される繊細な人柄という二人の役回りは
常にコンビの軸として固定されている。
従って、人格の上で完全にズレている二人が遭遇する日常の風景をセリフの積み重ねとして切り取ることで
ネタは無尽蔵に生産可能だ。少々のミスやアドリブも、それぞれの人格に立ち戻れば
なんなく軌道修正や発展ができる。

通常漫才におけるネタづくりの大変さは、ストーリーを産み出す状況設定にあると思うが、
その都度、天から降りてくるアイデアを渇望するのではなく、
人格の完全なズレを観客に対して示し続けることで笑いが生まれることに気付いた
まさにその点に和牛の冴えと謙虚さがある。
、、、と、超人気コンビを今更分析しても仕方ないのだが・・・N.F

錆び  錆美  sabi

我々はものづくりの場として「半島」にアツい視線を送っている。

なぜか? それは「錆び」に心奪われているからだ。

半島は海に突き出ているため、潮風と紫外線が容赦なくモノの表面を襲う。

その結果もらされる「酸化」や「劣化」や「風化」がもたらす価値に魅せられている。

しかし、発想や組立そして展開という頭の構造にしばられている我々には手ごわい現象だ。

しかし、しかし、「錆び」を「錆美」に一瞬に転換する才能は確かに存在する。

仕事を通じて、稀有な才能に出会ったことを感謝する。ただし、嫉妬まじりに。

「錆び」を「錆美」に。そして世界の「sabi」に。

N.F

book

たま~に、取り組んでいる仕事を冊子にまとめる機会がある。

ベストショットと美文が並ぶ作品集ではなく、取り組みの「全体像をありのまま」伝えるためのものだ。

しかし「全体像をありのままに」表現するのは案外難しい。

カッコ良く見せたい。ハイレベルに見せたい。そんな色気がどこかにあるからだ。

それは悪いことではないが、コンテンツが長持ちするためには飾りを漂白して主題だけを提示する必要がある。

そのために関係チーム全体で何度も何度も編集作業を重ねる。

たった一つのテーマを、カッコをつけずに、楽観的に、勇気をもって、アツく、、

 

小さな建築  2011

自費でつくったもの。

東北の大災害の後、「大きくて重い」建築の始末の悪さを実感し、

「小さくて軽い」建築の在り方や作り方についてまとめたものである。

この冊子をまとめるために振り絞ったアイデアは、設計する対象が大きくなって来た今、

「部分的に密度を上げることで全体を活き活きさせる」 という考え方の原資になっている。

book1.jpg

 

  

 

超・過疎化力シャコタン 2017

過疎化対策に苦戦する行政からの依頼でつくった。

積丹半島を題材に、過疎化が今後「替えの効かない価値」をもつという逆説についてまとめている。

取材対象は人、自然、暮らし、歴史、サービスなど多岐に渡るが、建築に関する記事は全体の5%くらいだ。

それでも極端な過疎化が建築やレジャーをはじめとする様々な分野に好影響を与えるという「聞きなれないストーリー」について熱く語っている。このストーリーは10年後には当たり前になっているに違いない。

book2.jpg 

 

 

  

「えにあす」コンセプトBOOK 2018

設計クライアントの依頼によりつくった。

「事業性と公共性は水と油ではない」という今日的なテーマについてのごく簡単なマニュアルだ。

民間投資による公共的な建築の事業や運営の仕組みについて全体の90%を充てた。

建築そのものの説明にはほとんど紙面を割いてない。

数年後、「事業性と公共性」についての可能性と課題の物差しになっているだろう。

book3.jpg 

お金をかけてbookにするということには二つの意味がある。

一つ目は、現在の営業ツールとして。

二つ目は、未来の自分への手紙として。

だから「ありのまま」が重要になってくる。N.F

社長の仕事

社長の仕事.jpg社長である私の仕事について、ずっと考えてきた結論はこうだ。

①つぶさない。(もちろん、会社を)

②しがみつく。(もちろん、社長の座に)

③謝罪する。(もちろん、お客様に)

 

①②③のために、頭で考えるよりは、ガツガツ手と体を動かすことを優先してきた。

しかし、ガツガツ、ゴツゴツやるあまり心身は鍛えられるのだが、

頭の冴えが怪しくなってきた。

 

モノづくりには狭い現実から距離を保ったコンセプトが重要である。

狭い範囲の中だけで成り立つリアリティなんて邪魔だ。

距離感。客観性。冷静さ。。。

一方でパンチドランカー状態の社長である私。

 

そこで今年から社長の上に司令塔(クリエイティブ コンサルタント職)を置き

より一層、私が①②③に徹することが出来るようにした。 

 

ガツガツ・ゴツゴツも度を過ぎると、冴えたコンセプトは産み出せなくなる。

この現状に謙虚になって、辛うじて捻出した「冴えた人事」なのである。

 

p.b.Vはそれによって活力を持ち始めているのだが、この人事について

まわりの社長さんたちに話しても、中々伝わらない。

 

それは、社長の仕事の中に「決める」「動かす」が潜在的に

含まれているせいなのかも知れない。N.F