支えるためのゲーム

リーマンショックと呼ばれた不動産投資バブル崩壊の時は、不動産業はもとより
建設業もかなりダメージを受けた。
しかし新型コロナ禍による影響はほとんど無い。今のところは・・・
それどころか膨張や加速の勢いさえ感じる。
理由はおそらくこうだ。
「ここが足踏みすると国を支えるゲームが終了するから」
ゲームとは経済である。

pbVも「支えるゲーム」に積極的に出場することで、下落傾向の建築の価値を高めようともがいている。
以下が目下の対戦相手である。
・廃校直後の中学を別人のように蘇生する農産物の加工場。
・ピンポイント改修で山岳愛好者の要望に応える名湯旅館。
・地元に愛される老舗居酒屋の新店。
・牧場と直結する乳製品の店舗工場。
・開拓スピリットにあふれた青年が手掛けるはじめての牛舎群。
・40年の悲願である町立図書館+スーパーマーケット。
・次の50年に向かって再生する築50年のオフィスビル。
・築20年の高齢者施設の空調と給湯の費用対効果のプランニング。
・茶道家がマンションにつくる夢の茶室。
・伝統的な木風呂の技術でゲストバーに変わる石蔵。
・寂しげな駅前通りにナガレとマタリを捻り出す盆踊り公園。
・アフターコロナに備えて変貌願望をもつ昭和バブル期の町営の温泉ホテル。
・重要文化財として150周年を迎える女学院のデザインプロモート。

これらをバラバラの対戦相手と考えると、ちょっとした業務バブルであり
弱小事務所である我々にはかえって経営危機となる。
対戦相手がどこかでつながっているイメージを持つことで、効率や効果の拡大を狙うのだ。
色んな回路でつながっていることを実感したい。
右から左へ、上から下へ、大から小へ、静から動へ、部分から全体へ、
硬から軟へ、奥から前へ、昨日から明日へ、
会話から図面へ、図面から模型へ、事務所から現場へ、怒りからユーモアへ、雨から晴れへ、
バスから地下鉄へ、口座から振込へ、、、

なんだか良く判らなくなって来たが、対戦相手が少なかろうが多かろうが、
実は一つの大きな「支えるためのゲーム」なのである。N.F