skill その3

NYっ子のリックさんは木工職人を祖父にもち、大学で彫刻を学んだ。
グリニッジヴィレッジで何十年もハンドメイドギター店を営んでいる。
バーやホテルなど解体された建築物から出た廃材を使ってギターを作っているのだ。
樹齢150年超えるその使い古された木材を「NYの骨」と呼んでいる。ビギナーからマニア、
そしてミュージシャンズミュージシャン(音楽家が尊敬する音楽家)が来店し、
ギターをつま弾きながら、店主とワクワクするようなギター問答を展開する。

リックさん曰く
「この木にはバーの酒がタップリ染み込んでいるのさ。」
「街の歴史を伝えたいから、虫食いや傷をそのまま残した加工をしている。」
「完全に乾燥した木材は、細胞が結晶化し導管が開くので、よく共鳴するんだよ。」

スキルとはおそらく
・孤独の中から発想されるもの
・身に着くまでには日々の鍛錬が必要なもの
・人を笑顔にするもの
・決してノウハウ化出来ないもの
確かに、これは大学では学べない。N.F

skill その2


トリニダードトバゴ出身のジョセフさんは、もともとは競馬の騎手をしていた。
安定した仕事を求めてNY警察に就職した。
任務は早朝のラッシュ時の交通整理である。
冬のNYは寒くて、とてもじっとしてはいられない。
ジョセフさんは考えた、激しく踊りながら交通整理をしようと。
「怖くはない。ラッシュに飛び込むのだ。」

やがて命がけのダンスパフォーマンスはドライバーの注目を集めた。
でもそれだけではなく、緊張の中で仕事に向かうニューヨーカーに緩和と笑顔を与えるまでになった。

ジョセフさん、あなたにとってスキルとはなんですか?

skill その1

昔、大学の建築学科の授業で、ある先生が学生に
「学校はスキルを学ぶ場ではない。」という様なことを言った。
「スキルは小手先の技術である」というニュアンスが含まれていて
その時は流してしまったが、心では未消化のままだった。
なぜ未消化だったか。。。?
「スキル」は小手先の技術なんかではなく、獲得するには
非常に労力を要するものだと、どこかで感じていたからだ。


ポルトガル生まれのメスキータさんはヨーロッパ各地で革や金属加工の修行をして来た。
ある年齢でNYでトップサービスという靴修理の店を開業させた。
技術的に難しい折れたピンヒールの金物を引き抜いて交換したり、
高齢者の紐靴を履き易いようにマジックテープ仕様にしたり、
コレクションショーの靴をよりファッショナブルに改造したり、
高級靴店の売り子さんに靴の構造を講義したり、
樹形図の様に守備範囲は広がる。
そして顧客の満足度は非常に高い。

メスキータさん曰く
「どんな靴でもやることは同じだから、全工程に手を抜かない。」
「お客さんはこちらの仕事に対し、驚くほど喜んでくれるんだ。」
仕事外では店の上階にある自宅を時間をかけて改修したり、
時計の分解修理をすることで、手と目と頭を鍛えているそうだ。

メスキータさん、あなたにとってスキルとは何ですか?