「10年」で一言


才人が10年単位で世の変化を単純すぎる言葉で表現することがある。
それを聞いた我々は、出し抜かれたという嫉妬とともに「そういえば。。。」と納得もする。

先日、眺めていた建築雑誌の編集テーマはSuper Normal。
オランダを例に「超平凡」とか「凄く地道」な設計活動に焦点を当てたものだ。
この流れは、不動産投資が低調になった2008年以降の建設業界においては必然的だった。
新しい仕事の芽を求めて、小規模の改修工事やまちづくりを持前のアイデアと技術と熱量で
「平凡」や「地道」を超える次元に高める組織が増えたことをSuper Normalという言葉で捉えた。
嫉妬と実感と納得。

去る2月、卒業設計のプレゼン会において、ある学生さんの提案は以下の様なものだった。
「多雪地域の知恵である、雪割庇や風除室や除雪広場などの工夫を
数多くサンプリングし、今後のまちづくりの新たなデザインソースにヴァージョンアップする。」
地味さと野心の無さに好感を抱くと同時に、「地味さを何かに化けさせる」という世の流れに
共通するものを感じたが、残念なことに、それを単純な言葉で言い当てて
その学生さんを勇気づける力量が私には無かった。
Super Normal…これでした。

ちなみにその雑誌の巻頭文では「Super Normalの次はSuper Generic」と予言されている。
「すごく汎用性のある」「みんなが使える」と言ったところだろうか。
コロナ禍で生まれた、ソーシャルディスタンス, ステイホーム, オン/オフライン,
ドライブスルー, ロックダウンなどの自己防衛がSuper Genericなデザインとして
表現されていくことは間違いない。
具体例をあげる力量?、、、まったくございません。(>_<)
N.F

Write a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です