減量から筋トレへ /kro 積丹 (Vacation meeting&Gin bar / Shakotan / 2016-  )


自らの石の重みで倒壊しそうになった石蔵を、補強ではなく減量という方法で何とか救い留めた。
その結果生まれた「明るい石蔵」という矛盾と魅力を持つ空間はどんな用途にも使えそうに見えた。
しかし、それがむしろ漸進を阻んだ。使用方法に決心や覚悟が伴わないのだ。
それから3年経つうちに、積丹半島でオリジナルジンの蒸留が始まった。
淡い光に満たされ音が良く響く石蔵は、最低限のフレームを入れることで
ジンと音楽と仕事と遊びの拠点として使われることになった。

倒壊危機 → 減量 → 筋トレ

ここまでに約5年の歳月がかかった。
筋トレの次は?
もちろん実戦だ。