「制限」解除/SIL(NTT Small office reform/ Asahikawa/ 2020-2021 )

SILとはスマート・イノヴェーション・ラボの略で、NTT東日本が展開する事業名である。
直訳すると、、、冴えた・技術革新を促す・実験室。となる。

旭川中心市街地の劇場やホテル、商店が複合する「ザ・昭和のビル」の一角にある20坪の小部屋で
子供向けのプログラミング教室やスモールコワーク利用や館内のe-スポーツスタジアムとの連携を行う
設計から完成まで1.5カ月・・・

プログラミング、スモールコワーク、e-スポーツという「実験」がカタチにどう関わるのか?
考えに考えたが確信や実感が持てなかった。
しかし一方で設計期間や工事条件に関する厳しい「制限」をどう解除するかを思案するうちにある結論に至った。

コンセプトは早い、巧い、安い。

これは我々が培ってきたリフォームの鉄則でもある。
① 早い → 工場で作ったピースを現場で素早く設置
② 巧い → ありふれ過ぎた素材に「命」与える技術
③ 安い → 早くて、巧い。。と来たらもちろんコレ

・・・知的なコンセプトとは程遠いが、「制限」を解除する我々の経験やスキルを総動員した結果、
こんな風になった。


減量から筋トレへ /kro 積丹 (Vacation meeting&Gin bar / Shakotan / 2016-  )


自らの石の重みで倒壊しそうになった石蔵を、補強ではなく減量という方法で何とか救い留めた。
その結果生まれた「明るい石蔵」という矛盾と魅力を持つ空間はどんな用途にも使えそうに見えた。
しかし、それがむしろ漸進を阻んだ。使用方法に決心や覚悟が伴わないのだ。
それから3年経つうちに、積丹半島でオリジナルジンの蒸留が始まった。
淡い光に満たされ音が良く響く石蔵は、最低限のフレームを入れることで
ジンと音楽と仕事と遊びの拠点として使われることになった。

倒壊危機 → 減量 → 筋トレ

ここまでに約5年の歳月がかかった。
筋トレの次は?
もちろん実戦だ。

長くて高い空間/旧久保内中学校玉ねぎ加工場(Onion processing plant/ Sobestu/ 2017- )

この地域で生まれた大量の玉ねぎは、かつての中学校で「選別・貯蔵・皮むき・焙炒」のプロセスを経て育ち
この地域から巣立っていく。
新旧の建築が一筆書きの様に複雑に連結され、その中をフォークリフトが動き回り、玉ねぎが積み上げられるのだ。
この長~くて高~い空間を、風雪や熱や光から守ることが我々の使命である。
「この仕事は簡単じゃないよ。うまく俺たちを活かせるかな?」
長い間子供たちを見守って来た大時計は、今は現場を見張っている。