蘇る石造倉庫 /kro 積丹 (Vacation meeting / Shakotan / 2016-18)

長い長い熟考期間と難工事を経て、この小さな石蔵は蘇った。
自重で崩壊寸前だった端部の石を取り去り体重を軽くする、、、
そんな単純なアイデアに行きつくまで2年弱を要した。

 

この半島にジンづくりの拠点をつくろうとしているチームのイベント。

真ん中の白い柱は「空気の樹」。

瀬戸内国際美術展で活躍したもので、アーティストの織咲誠さんから譲り受けた。

Write a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です