重心2/小林牧場ミルクプラント(Milk processing plant/ Ebestu/ 2018- )

これは牛ではなく建築だ。
人や牛の視線、風や雪や紫外線、原生林からの伏流水にさらされながら、
広い広い平原の重心に置かれたお店とプラント。
しかし、そこが重心かどうかは完成形を確かめないと誰も解らない。

お店とプラントの屋根は風雪や伏流水をかわすため、大きく二つに分けられて互いに直行している。

お店部分の屋根の下には売店とカフェが入っている。


繰り返すが、そこが重心かどうかは完成形を確かめないと誰も解らない。

重心/小林牧場ミルクプラント(Milk processing plant/ Ebestu/ 2018- )

フットボール場20面。
奥に見えるのは太古の森。
右手木立の向こうは、前地主がつくった酪農建築群が隠れている。

中を覗いてみると、煉瓦、木、鉄、コンクリートを駆使した迫力の無人空間が佇んでいる。

この広い土地にヨーグルトやソフトクリームの製造プラントとショップをつくるのだが、、、
敷地が大きすぎて、建物配置がむずかしい。

腐心の末、太古の森を遠望し、片側に酪農建築群をチラ見させ、
それでいて道路からも発見できるという絶妙の「重心」が見つかった。
その重心の効果を引き出すような建築上のアイデアが出るかどうか。。。