マガジンWALL  /札幌中央図書館 (Library renovation / Sapporo / 2014)

DSCF5242.JPGエントランスホールの傍らに、この様な一角があった。

児童図書の研究のためのスペースだが、利用度が低く

新たな空間利用のテーマと方法を検討した。

_DSC1978.JPG

この様になった。

壁はマガジンで覆い尽くされ、照明も新設された。

しかし、我々は既存の床・壁・天井には全く触れてはいない。


マガジン.jpg

「壁」のような家具をつくって、部屋の両サイドに設置しただけだ。

1ユニットには36の本が背表紙を見せて並ぶので、

36 × 6 = 216 種類のマガジンが一望できるスペースになった。

バックナンバーは足元に収納している。

_DSC2216.JPG

マニアにも、暇をつぶす方にも、十分耐えうる空間となった。

森の中  /自由の森(Nursery school/ kita-hiroshima / 2015)

森の中.jpg住宅地に隣接した深い森。入っていくと体感気温が下がる。

沢があり原生林が密生するこの難所に20年かけて築かれた幼稚園。

園舎を中心に隠れ家や遊び場が点在している。

 

こども園として拡張するに当たり、保育部門を増築することになった。

20,000㎡の広い森であっても、環境ダメージを最少にする増築敷地を発見することは困難だ。

カメラと巻尺を手に森をさ迷う日が続く。

 

森の中2.jpg

木や敷地の傾斜をニラんでいると細長いスペースが見えてきた。

何とかそこに入るように手を変え品を変え、何度も試行錯誤。

木をかわし、斜面に吸い付き、既存園舎に食い込んでいく様な

コンパクトな輪郭が姿を現した。

 

しかし喜びもつかの間、運営条件や構造上の接続条件など、山積課題の入口に

立てたというだけのことだった。

 

 

 

 

ヴォーリズへの旅/神戸女学院デザインプロモート (blanding/ Kobe / 2011~)

配置図.jpg2011年11月7日、縁あって神戸女学院のキャンパスを見せて頂いた。

1934年に巨匠ヴォーリズが丘陵地に設計した学校だ。

 

ヴォーリズは建築家としてはかなり規格外の男で、

独学の建築家で、事業家で、社会活動家で、宗教家で、、、

守備範囲が広すぎて、学術的な位置づけはかえって難しい。

しかし、逸脱を尊び、脱線癖のある私はその守備範囲の広さにこそ共感してきた。

 

キャンパス風景.jpg

校門をくぐって木立に囲まれた丘をあがると、そこはヴォーリズの世界。

品のある校舎が回廊と庭園でつながれている。

日本人がヨーロッパの伝統的な様式に囲まれると、つい無条件降伏してしまう。

しかし、降伏なんかしている場合ではない。  

 

規格外の男ヴォーリズは伝統的な様式からどう逸脱したのかっ!

それを見極めることがツアーの目的なのだから。