「痛いの、飛んでけ」の設計 /奥田歯科診療所(dental clinic/ Higashi-osaka/ 2006-2018)

歯を削る音や痛みは苦手だ。子供の頃の拷問の様な記憶がよみがえる。

設計のテーマというのは、つねにわかり易く、つねに見失わないくらいの方がいい。
ということで、ミもフタもない表現であるが、
このプロジェクトのテーマは「痛いの、飛んでけ」の設計。

部屋の輪郭や光のあつかい、素材や色のバランスなどの案出は
「痛いの、飛んでけ」「痛いの、飛んでけ」とつぶやきながらの作業となった。


壁と天井の境界、部屋と部屋の境界、自然光と照明の境界、素材どうしの色の境界
あらゆる境界をボカして、痛みの飛んでいく道筋をたくさんつくった!
つもり。
ちなみに治療ユニットのうがい用のボールの色が赤いが、それも「痛いの、飛んでけ」
のためのクライアントのナイスアイデアである。

Write a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です