p.b.V: 2017年1月アーカイブ

ヴォーリズは校舎のありとあらゆるところにグラフィックパターンを貼り付けた。

まるで呪文のように。

それらは無限に繰り返されても飽きないどころか、訪れた者への秘密のささやき

の様でもある。

 

我々はその「ささやき」を丁寧になぞることからはじめた。

写経という東洋の業を通じて、西洋の伝道の核心を体得する試みだといえる。

 

実際は、楽しいからやるのだが、、、

 

 

まずはステンシル(型抜き)によるパターン。

色ノリは均一だが、カタチと色と隙間がリズミカルだ。

 

pattern1.jpg

pattern2.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

pattern3.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

pattern4.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

pattern5.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次はタイルワークによるパターン。

陶器であるため、焼成による色むらやグラデーションが活かされている。

pattern6.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

pattern7.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

pattern8.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

pattern10.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

pattern9.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウィンドウパターン。アーチを並列、相似、複合させて展開している。 

pattern11.jpg 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

pattern13.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

pattern12.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

色や形や素材を駆使して、ここまで多様なパターンを編み出すのはcrazyだ。

もはや、ささやきというより福音だ。

 

事業提案①.jpgコンペがあり、p.b.Vは企画設計の立場で事業チームの一員として参加した。

①市所有地を民間事業者が借りる②そこに建物をつくる③出来たフロアを市が賃貸する

というすこし複雑な関係のプロジェクトである。

土地は地域の永久資産、一方建物は期限資産という行政のコンセプトに基づいている。

 

企画設計チームの我々の役目は「ローコストで楽しい」を創り出すことだ。

そのために二つの方針をたてた。

・外形を単純にすること。→まるでジョイフルAK

・内部を複雑にすること。→まるで鶴橋商店街

 

図書館を中心に子供の遊び場、保健センター、地域活動支援オフィス、クッキングスタジオ

フィットネスクラブ、屋内運動場、コンビニが同心円状に連続する。

 

間仕切り壁は本棚になっていて、各ゾーンのゲートには関係する書籍が並んでいる。

子供の遊び場にはキッズ本、クッキングスタジオ前にはレシピ―本、、、というように。

 

事業的な効果、建築のアイデア、空間の運用力から審査され

応募3案から我々の案が採択された。

 

コンペはコンペ、提案がどこまで実体になるかはわからないが、館内を歩くとこんな感じである。

↓ ↓

  事業提案②.jpg

事業提案③.jpg

事業提案④.jpg 事業提案⑤.jpg 事業提案⑥.jpg 事業提案⑦.jpg