札幌市中央図書館: 2016年9月アーカイブ

中央図書館  1Antonello_da_Messina.jpgある妄想がこのプロジェクトを導いた。

 ― どんなに大きな空間も「点の力」で全体を活性化できる。

点とは、建築より小さいく家具より大きな存在。

 

画は「点」のイメージソースとなったもので、15世紀の僧の書斎である。

(St.Jerome in his study by Antonella da Mesina) 

札幌中央図書館のロビーと閲覧を合わせた面積は6000㎡であるが

ツボを抑えて的確に「点」をデザインすれば、利用者の感性を刺激し

ライブラリアン(館員)魂に火がつくと考えた。

 

 


このプロジェクトでは多くの家具がつくられた。

石ころみたいなもの、切り株みたいなもの、塔のようなもの、

柵の様なもの、部屋のようなもの、、、

全てが、とらえどころのないアイデアからはじまり、実体になった。

その途中の段階に位置し、輪郭や寸法に確信を与え、

館員や職人を鼓舞し、発注者の期待をあおり続けたもの。

それがモデル。

題して、モデル展! ご覧ください。 

模型⑬.jpg

模型⑭.jpg 模型⑪.jpg 模型⑩.jpg 模型⑨.JPG 模型①.JPG 模型②.JPG 模型③.JPG 模型⑤.JPG 模型⑥.JPG 模型⑧.JPG 

 

利用者の欲求、館員のリクエスト、事務方の目論み、製作条件、コスト、、、

目もくらむほどの複雑な情報が封じ込められたもの、それが図面。

題して「図面展」。ご覧ください。

図面①.jpg

図面②.jpg 図面③.jpg 図面④.jpg 図面⑤.jpg 図面⑥.jpg 図面⑦.jpg 図面⑧.jpg 図面⑨.jpg 図面⑩.jpg 図面⑩-2.jpg 図面⑪.jpg

モデルから製作へ。

黙々と作業に没頭する職人。

こんなん出来るかっ!的なトーンの職人。

冷静に製作方法を捻り出す職人。

事件は工場で起こっている!!

題して「工場展」。 ご覧ください。

工場①.jpg

工場②.jpg

工場③.jpg

工場④.jpg

工場⑤.jpg

工場⑥.jpg

工場⑧.jpg

工場⑨.jpg

工場⑩.jpg

工場⑪.jpg

工場⑫.jpg

工場⑭.jpg

工場⑮.jpg