ストランゲーゼ30番地 お宅拝見

今回は、デンマークが生んだ画家好みの画家ハマスホイ(Vilhelm Hammershoi1864-1916)のお宅を拝見させて頂く。
コペンハーゲン旧市街ストランゲーゼ30番地にある北西向きの木骨レンガ造4階建て、築400年。
間取りはこうだ。
北西に向いた居間/食堂/厨房のブロックと、廊下を挟んで中庭を囲むアトリエ/寝室/予備室のブロックからなる。各部屋はタテヨコに相互に連携しているため、扉の枚数が多い上にそのデザインが統一されているため、実際は図面で見るより迷宮感がある。
ハマスホイはこの家が気に入り10年間ここに住み、決して広くはない部屋を克明に描くことで、見えないはずの扉や窓の向こうに広がる世界と繋がろうとした。

 

まず居間に入ってみよう。
北西の大きな窓は目抜き通りのストランゲーゼに面しており、向かいの建物は住人の暮らしが見える距離にある。終日緩やかな光は淡いブルーの壁に反射して部屋全体を微妙なトーンで包んでいる。窓下の高さから連続する約80センチの高さの白い腰壁は、ソファやピアノや椅子の高さと競うことで、風景画の山並みの様に家具の背景を演じている。

 

窓の左手の扉の向こうは食堂だ。
2人~5人で食卓を囲むにはいい大きさだ。窓の反対側の扉は玄関に、その右の扉は厨房につながっている。注目すべきは扉のデザインだ。部屋のサイズや格や機能によらず、枠も色もモールも取っ手もすべて同じである。四方八方に等しくつながっていく期待感、既視感、遠近感、複雑さが加速されるのである。

 

食堂から厨房に入り左を向くと、隣の家事室が見える。
家事室の向こうには廊下があり、さらに向こうの明るい中庭の景色も、窓と扉を隔てた厨房からは望める。そして振り向けばストランゲーゼの街並みにもつながっている。厨房はこの家の中で「通り~建物~中庭~裏通り」を見通せる唯一のポジションにあり、ハマスホイはそのつながりをキャンパスに固定しようと試みた。

 

家事室から玄関を経て、一度廊下に戻って左に折れてアトリエに入る。
朝から午後にかけて南からの日が差し込み、夕方からは中庭を囲む壁面に反射する間接光で満たされる。そして夜は暗闇に置かれる。アトリエは熱や光や音の変化において、一番ダイナミズムを有した部屋である。画にはそのダイナミズムが記録されている。

 

アトリエの窓から覗くと中庭を介して、住人の姿が見える。声も飛び交う。

 

中庭からアーチをくぐって通りへ出たら、街は教会や港につながっている。

これらの画は、どれも同じように見えるが、どれ一つとして同じではない。
止めどなく連続する空間を一枚の絵に封じ込めることはどう考えても無理だ。しかし1点からの眺めを遠方に向けてどこまでも克明に描くことで、さらなる世界を予感させることはできる。そのアイデアに気付いたからこそ、日々黙々と家に籠って描くことができたのだ。さらに空模様や壁の質感や劣化を切り取ることにより、絶え間のない時間の流れも予兆させるという冴えたスゴ技も披露している。