Napier New Zealand

|

napier ①.jpgニュージーランド北島の南東沿岸部に位置する、ホークスベイ地方の都市ネイピアは、小ぶりで愛らしい街並みが特徴である。

ダウンタウンはアールデコ様式の建築で統一されている。

もしあなたが街並みマニアなら、ビーチ沿いのカフェでワイングラスを傾けながら、こう感じるかもしれない。

 

― 綺麗だけど不自然。

 

その理由、、この街はリセットされている。

 

 

 

1931年2月2日AM10:47 M7.8の直下型地震がネイピアを襲った。

  

napier-map.jpg

 

 

街の大半は壊滅した。 

 

壊滅した街.JPG

しかし復興にはスピード感があった。

 ①建物は鉄筋コンクリート2階建て

 ②外観デザインはアールデコ様式

 

この方針で建てまくった結果、ほぼ1年で都心の商業エリアは息を吹き返した。

 

「綺麗だけど不自然」なのは、街の建築物のほとんどが構造・規模・様式・建設年代が同じところに起因する。

 

しかし、リセットされたのは街並みだけではない。

この地震による地殻変動で湿地帯だった湾の大半が2-3mほど隆起した。

つまり、「使える」土地に変貌したのだ。

 

空路で南下しながら空港にアプローチするとき、眼下には工場や住宅地が見える。

眼下の湾.JPG

隆起によって出現した産業誘致や宅地開発のためのタネ地が、街のリセットを支え続けた正体なのである。 

 

ワインセンター.jpgホークスベイのシャルドネワインは本当においしい。

 

マニアである我々は、眼前の愛らしくも不自然な街並みを眺め、

同時に1931年2月2日の地震の衝撃を想像しながら、再建のスピード感をも実感し

さらには隆起する以前の湿地帯の姿にも思いを巡らさなければならない。

 

頭の中は忙しいが、美味しいワインのツマミには事欠かない。