錆び  錆美  sabi

我々はものづくりの場として「半島」にアツい視線を送っている。

なぜか? それは「錆び」に心奪われているからだ。

半島は海に突き出ているため、潮風と紫外線が容赦なくモノの表面を襲う。

その結果もらされる「酸化」や「劣化」や「風化」がもたらす価値に魅せられている。

しかし、発想や組立そして展開という頭の構造にしばられている我々には手ごわい現象だ。

しかし、しかし、「錆び」を「錆美」に一瞬に転換する才能は確かに存在する。

sabi①.jpg

sabi②.jpg

仕事を通じて、稀有な才能に出会ったことを感謝する。ただし、嫉妬まじりに。

「錆び」を「錆美」に。そして世界の「sabi」に。

N.F