普段着で戦え!

ふだん着で闘う.jpg

「今日は普段着の野球をしろ」とか
「決勝戦は普段着のラグビーをする」とか
そんな言葉を耳にしたことがあるが、聞き流すことにしている。
なぜか?みんなユニフォームを着ているから。
 
 
そんなヒネくれた私の考えを根底から覆した男がいる。
 
雪を見るのがはじめてというその男は、戦いの前夜東京からやってきた。
しかもラグビーをするのも初めてというその出で立ちは「普段着」だった。
 
革靴にチノパン、カーディガンというトラッドな服装で雪上のラグビーに
挑んだ。
 
メガネだけは外しなさいという指導のため、若干ボールが見にくかったらしい。
 
試合後の懇親会も同じ服装、そのまま空港から帰路についた。
 
出で立ち同様、酒を呑んでもテンションが上がることもなく
水分を含んで変形したカーディガンを着たまま、淡々とビールを飲んだ。
 
はじめてお目にかかるこの方の名前も知らないが、「普段着の男」という
ニックネームをつけて私はすっかりハイテンション。
 
「普段着の男」。。。
 
何のヒネリもない、あまりになさ過ぎる呼称だが、かえってその凄さが実感できる。
 
次回から「普段着の野球」「普段着のラグビー」という掛け声を耳にしたら
聞き流すわけにはいかなくなった。
 
普段着の男。
真夏でも「普段着」のままなのか?
カーディガンだけは脱いだ方が良いのではないだろうか?
 
なんか「普段着」の意味合いがおかしくなってきたが
季節も春に向かおうという今日この頃、
どうしてもこの男のことだけは書き留めておきたかった。
N.F

artに乞え。Ⅱ

artに乞え2.JPG

理屈と屁理屈で脳ミソの容量がイッパイになったあなた。
エラーが怖くて、マジメで正しい方向にしか考えられなくなったあなた。
新しさとイカガワしさの峻別がつきにくくなったあなた。
 
その脱出方法は「artに乞え」。
 
artの定義はこうだ。
 一、何の役にも立たない
 一、存在の意味を限定できない
 一、でも何だか凄い
これに当てはまるなら、石ころから煙草屋のオバンまですべてartだといえる。
 
その意味でF.Baconの絵はartとしかいいようがない。
 
2畳大の画角の真ん中にヒトらしき形跡が描かれている。
全ての絵はほとんど同じである。
 
絵の前に立ったあなたはまず、このように思うだろう。
 - ヒトなのか?何をしているのか?
 
そしてその意味を探ろうと、あらゆる角度や距離を動くうち
正面から4mくらい離れて視ると、ヒトらしき形跡とガラスに
反射した自分の姿が重なることに気づく。
この時、絵は一層視にくく、描かれた意味はより理解しにくくなる。
 
それであなたは、このように思うだろう。
 - 絵の中にいるのはヒトなのか俺なのか? 俺は何をしているのか?
 
 
ついつい時間を忘れて見入っていると、頭が空っぽになっていく快感を味わえるのだ。
そして絵の意味を完全に放棄出来たとき、絵はサイコーにカッコよく視えてくる。
 - これこそがartの教えだ!
 
 
しかしこう叫んだ瞬間、またもや次の気付きが訪れる。
 
モノをつくる仕事において、メッセージ性やストーリー性ばかりが求められる昨今、
ほとんど解釈不能で、しかも視る人を魅了するようなものをつくることは至難であり、
極度の冴えと謙虚さを必要とする仕事であるという事実。 
 
Baconは17歳の時、路上の犬の糞をみてインスピレーションを受けたのだそうだ。 
 
 一、何の役にも立たない
 一、存在の意味を限定できない
 一、でも何だか凄い
 
フランシス ベーコン展にて。N.F

3つのボタン

3つのボタン.jpg

企業活動をしている限りは「売り」があるはずだ。
「売り」は時流に左右されないのが望ましいが、そうは行かない。
 
何年かに一度は「売り」もメンテナンスが必要だ。
 
世の中の流れが変わる、あるいはある分野で実績が認められる、
またあるいは、「売り」が売れなくなって来た・・・
 
理由はいろいろあるが、当社でもメンテの時期を迎えている。
大体5~7年周期だろうか。
 
短いか長いかはさておき、メンテ期間中は誠実に自分たちの「売り」に
向き合わなければならない。
 
重要なことは「売り」を整理すること。
 
 「売りたい」のか
 「売れそう」なのか
 
「自社の願望」なのか「世の需要」なのかの見極めである。
 
ここが難しい。すべての企業は割合の違いはあれど両性具有である。
 
約1週間のメンテで、当社の「売り」を3つのボタンに整理した。
 
未公開だが内容としては「願望」の率が高くなった。
しかしこれは我々の商売の性格上、仕方のないことだ。
 
ビジネスは常に現実との闘い。それは疑いのない事実だから、
まずは自社の売り、つまり「立ち位置」を明確にすることが肝要なのである。
 
「売りたい」けど「売れない」、そういう時代だからこそ「売りたい」を研がなければ。
 
貴社ではどのようにお考えでしょうか?N.F
 
写真はHPのリニューアル予定の1画像。
まだクリックしても何も現れませんので悪しからず。