飛ぶ鳥を・・・

飛ぶ鳥を.JPG

「飛ぶ鳥を落とす勢い」という日本の言い回し、韓国では「飛ぶ鳥の上を飛ぶ」というらしい。
 
私はこの話を15年前に聞いた。ある評論家が、アジア映画の未来の勢力図を予測したときに用いた。 
 
アジア映画のその後についての興味よりも、私には「飛ぶ鳥の上を飛ぶ」という発想とメンタリティに異常な新鮮さを覚えた。それ以来、飲み屋での必殺ウンチクネタになっている。 
 
 
 
仁川(インチョン)国際空港はバカデカい。旅客ターミナルの広さはフットボールフィールドが50面。徒歩で制覇しようなんていう気にはならない。 
 
しかしアジアの都市を結ぶ中心空港たるにはデカさは必要だ。 
 
あまりにデカいと、建物は自らのデザインを誇示することを放棄し、そのかわり街のようなナガレとタマリとヨドミの集合体と化す。 
 
小難しい表現をしてしまったが、要するに…
 
 腹が減ったら食う。
 眠たいなら寝る。
 欲しいならショッピング。
 興味が湧いたら立ち止まる、しゃがみこむ。
 
建物内にいるという拘束感は消滅し生理のままに行動しだす。 
 
「飛ぶ鳥を落とす」という意識では、せいぜいがカッコいい空港が出来るだけだろう。 
 
「飛ぶ鳥の上を飛ぶ」という発想があってのこのバカデカさが実現された。 
 
 
私「お前、なんか最近飛ぶ鳥を落とす勢いだナ。」
友「当たり前じゃないか、撃ち落としまくりだよ。」
 
私「だからダメなんだよ。」
友「なんで?」
 
私「飛ぶ鳥の上を飛ばなきゃ。」 
友「・・・」 
 
私(してやったり。)
 
友「じゃあ、お前も撃ち落としてやるよ。」
 
うーめんどくさい。N.F

福来旗

福来旗.jpg

時間がない。追い込まれている。もう数時間で出立だ。
どこへ?ニュージーランド。
何しに?ラグビーの試合観戦に。
 
忙しいさ中に、行かなければならない理由がある。
それは・・・
 
「日本らしさ」を確かめること。
 
 
私の手元には、ある人から託された岩手県釜石市の大漁旗がある。
津波に負けず生き残った根性のある奴だ。
 
その幸運にあやかり「福来旗(ふらいき)」と命銘された。
 
向かう先は70年ほど前に同じく震災津波により壊滅した町Napia。
みごとに新しくユニークな都市として再生している。
 
27日、我々は現地のラグビー狂と、多くの震災支援へのお礼として
この大漁旗を打ち振りに行くのだ。
 
同時に、再生した都市の姿と日本チームの日本らしさが確認できれば
短い旅の目的は完遂する。
 
クライアントの皆様、協力会社の皆様、決して遊びにいくのではございません。
 
獲得したスピリットは必ず仕事に環元いたします。
 
世界的なスポーツの祭典の観戦にはカブリモノが必需だ。
で、金・銀・白の兜をつくってみた。
 
あー、兜をつくっている間にも時間はすぎる。
 
あー、こんな文章を書いている間にも時間はすぎる。
 
あー、あー。
N.F
 

第2の皮膚

脅威は・・・.jpg

数年前、那覇を散歩して「ある脅威」を感じた。
 
 
南国の街並みにはコンクリート打ち放しの建物が多い。その表面が劣化しているのだ。
 
考えてみれば、炭酸ガス、潮風、紫外線、気温差収縮など、見えない脅威にコンクリートは包囲されている。 
 
創建時はたくましそうに見えたコンクリートの柱は、実は日々のダメージでダウン寸前なのだった。
 
 
この状況に反応したある現地技術者が「もし全体をラッピングできたら、この脅威は回避できる」と考えた。  
  
 
我々は東邦木材に、南国伝来のこのラッピング技術を見学にいった。
 
容器に入った乳白の液体がそれだ。さてそのゴリヤクは。
 ・塗ると、水をはじく。
 ・塗ると、傷がつきにくい。
 ・塗ると、燃えにくい。
 
通常の塗装や撥水剤は、お化粧直しや表面保護の域にとどまる。
 
一方、この技術の目的は、素材に「第2の皮膚」を与えること。
 
 
 
サンプルのコンクリートの試験片。
 塗っていない奥側は水が浸透している。
 塗られた手前側は水をははじいている。
開発コンセプトが明快だと、身近なリクエストがくるようだ。  
 石蔵外壁に塗ってくれ!  
 焼肉屋の床に塗ってほしい!
 家の玄関に塗ってちょうだい!
 
雨も油も汚れも、かかってきなさい。そんなところか。
無機塗料は大気中のCO2と2~3年をかけて反応し、巨大分子に成長するのだそうだ。
これが「第2の皮膚」の正体だった。
 
木の可能性を追求したい我々は、その液体を木に塗ってみた。水滴は玉の様に木目を転がった。 
そして、開けた穴に垂らし込んでみた。象嵌(ぞうがん)の様に結晶化した。
 
 
誰かがいった。
 
「脅威は発明の母である」
 
ええこと言うネー。
 
まっ、私が言ったんですが。何か?
N.F

FIX

小さな建築.jpg

「FIXする」ことこそが重要だ。 
それが途中経過であれ、あるカタチにFIXするのだ。強引に。 
すると新たな景色が見える。それが次なるジャンプを生む。 
 
アツい議論だけで、一向に前進しない・・・これが最悪の状況だ。
 
FIXするためにはカタチを選ぶ必要がある。 
/メディアに発表する。
/誰かにプレゼンをする。
/街頭で叫ぶ。 
今回、p.b.Vが選んだのはブックレットというカタチ。 
パンフレットより立派だが、重厚な書物よりは軽快。
最近、企業が新製品の広報に採用するカタチである。
 
 
ここ数年、我々は大きな空間をどう再生するかという問いに挑んできた。 
費用対効果を求められるのは当然だが、我々はデザインや工法にこだわった。 
 
伝統と新鮮さの間に生じる火の出るような摩擦を通して、
我々の頭の中には次なる妄想と構想がとりとめなく渦巻いてきた。
これは危険な状況だ。
方向感覚が麻痺した中でモノづくりに没頭するハメになるからだ。
 
この状況を乗り越えるために途中経過をFIXすることにした。
 
 
 
題して「大きな空間を再生する、小さな建築」
 
 
 
編集にはスタッフのA.Hが2か月を要し、印刷物としてFIXされた。
内容は建築物のリノベーションの実例を中心に、我々が空間をどう再生したかが
テーマ別に語られている。 
 
巻末にはシリアルNoを付け、協力会社と未来へのクライアントに限定1冊づつ配る。
(「読んでみたい」と熱望する方には進呈させて頂きます。) 
 
啓発目的のフリーペーパーのようにバラマキはしない。 
また、デザインメディアに安売りもしない。 
 
妄想と構想をFIXするのが目的なのである。
N.F

GDP

GDP.JPG

前略 S様
 
先日は、東京での打合せにお時間を頂きありがとうございました。
お互いのモノづくりに対する考え方、感度、方向性を確認できました。
進行中のプロジェクト、謙虚と野心を高いレベルでバランスさせられるよう
努力したい所存です。
 
 
打合せ後、私は仙台を経由し石巻に向かいました。
 
もちろんボランティア活動をする時間はありません。
・・・たった7時間ですし。
 
また、「痛み」を共有しにいったわけではありません。
・・・できるはずもありませんし。 
私はある言葉を実感するために行ったのです。
 
津波に流されたままの車両、屋根だけになったガソリンスタンド、瓦礫に埋もれた人形さん、、、
 
それらを眺めながら、私は心に用意してあったその言葉を取り出してみました。
 
「GDP=国内総生産」
なんか変ですか? 私のアタマ、おかしいですか?
年間に国内でつくり出される付加価値の総計です。
 
3.11以後の数か月、悶悶とした私の頭にGDPという言葉が輪郭を結んだ時から、
心身は解放され、何かに向かい始めました。
 
国内の全員が被災地に関わることは、無理です。仕事があります。
 
そこで、ベクトルがはじめて私自身に向きました。
 
私は「GDPの兵士」となり、仕事を通して「つくりまくる」決心をいたしました。
 
そして、いつしか「ミスターGDP」と呼ばれるようになりたいと思います。
 
なんか、やっぱり、変ですかね?
ときどき、いわれます。「あなたは、マジメなのか?狂ってるのか?」
 
次回までには例のプロジェクトを、目の覚めるような形に高めておきます。
打合せを楽しみにしております。
 
N.F 拝