2014年10月アーカイブ

脳内写経

|
像から文へ.jpg
- お師匠、「創造」とはなんですか?
- 頭の中にぼんやりしているイメージの解像度を極限まで上げることじゃ!バカモノ!
 
- ではお師匠、解像度を上げる力はどう養えばよいのでしょうか?
- 自分で考えろっ!バカモノ!
 
私の中に棲んでいるお師匠は答えを授けてくれなかった。知らないのかもしれない。
 

しかし、どう考えてもアイデアの泉は脳から湧くわけで、そのボンヤリしたものを明快に
していくしかないわけで。。。ここまでは正しいのではないだろうか。

最初からスケッチラインとして表現できるものは、
すでに経験されたものなので、これは「創造」とはいえない。
それが出来ないから悶えているわけで。。。
 
そこで!
カタチにできないものに輪郭を与えるという苦悩から解脱する手段として
私は文章化を試みる。
 
p.b.Vサイト内にある二つのブログDay by day とVoid巡礼は、
そのための訓練として続けてきた。
 
ある人からは「意味不明だ」!と罵られ、
またある人からは「おもろいかも」と持ち上げられ、
脳内写経のように続けてきた。
しかし、この方法はハズレではなく、結果我々の仕事の基礎体力になって来ている。

そこで!(2回目)
この方法をさらに加速すべくHPのリニューアルを計画中である。
Void巡礼・・・建築論
Day by day ・・・日々の妄想
portfolio・・・仕事や実績の紹介


上から順番に基礎、骨組み、仕上げという構成である。
全てがブログ、つまり文章化するという苦行で表現される。

よくある美しい写真で構成される「作品紹介」はやめた。

すべては「解像度の高い実感」が込められた「イメージの断片」になる。
 
本当にできるんだろうか?
いや、やってみよう。
あやふやで面白そうな全体像より、解像度の高い部分の集積。

できるんだろうか? いや、やってみよう。
 
HPはある有能なデザイナーに完全にお任せした。
 
「p.b.Vをゼロから客観的にプロモートしてください。」
それが我々からデザイナーに提示した唯一の設計条件である。
N.F