キッチン研究

|
キッチン研究.jpg
「ニッポンのキッチンせますぎるです。」
「あんたの国ではどうなの?」
「イターリアではサイテーでも30ツボありまーす。」
「そりゃデカい!4LDKのマンションだ。」
 
遠い昔、友人である料理人は絶望的に狭い日本の雑居ビルにある
キッチンの中から、ほろ酔い加減の私にいきなり苦言をはいた。
 
「なーんで、ニッポンのキッチンはこんなにせまいのですか?」
「おれは知らん。おれにいうな。」
「あんたたちケンチク屋がだらしなーいんだから。なのでは?」
「はあ? なんて?」

 
巻き舌で彼が説明するところの、本当のキッチンとは・・・
 
菜園の野菜をストックし、牛や鳥を絞めてバラし、
それらの素材を徐々に食材へと加工し、
下処理をし、仕込み、仕上げをし、盛り付け、、、
で配膳だ。
 
これらの全工程を空間にすると4LDKになるのだと。
 
 
最近、密度の高いキッチンをいくつか設計している。
クライアントでありキッチンの主である料理人の方々と
話しているうち、15年前の冒頭の会話を思い出した。
 
最新鋭の厨房兵器が精密にならんだ図面をみていると、あの強烈な巻き舌が
私に語りかける。
 
「リョウリとはショクモツがクチに入るまでの、ショクザイのながーい旅なのです。」
 
あー、もーわかった。ちょっと変な日本語だがわかりました。
 
何がわかったのか。
キッチンを考えぬくということは、食材の長ーい旅の一部分を切り取る作業なのだと。
 
旅をするのは食材だけではない。
 
人、食器、調味料、水、空気、ガス、電気・・・
 
これらが狭く密閉された空間の中を、同時に、短時間に、大量に、旅をするのだ。
 
キッチンが常に、予想より難しいのはここに原因がある。
 
「あんたたちケンチク屋が、ガンバリーな!ですから。」
「えー?なんて?」
N.F
 

 

Categories

月別 アーカイブ